二重整形ですっぴんまで美人【メイクにかかる時間を短縮】

埋没法の種類をチェック

顔に触れる女性

施術の特徴を知ろう

二重整形の中でもメスを使わないプチ整形の「埋没法」は、費用がリーズナブルで施術後の腫れも出にくいことから人気です。埋没法は医療用の糸でまぶたを固定し二重のラインを作るのですが、埋没法といっても留める位置で施術内容が変わります。同じ埋没法であっても瞼板法と挙筋法という2つの施術法があるので、二重整形を受けたい人は特徴を知っておくと良いでしょう。瞼板法は皮膚と瞼板という部位を糸で縫いつける施術法で、施術時間はわずか15分程度と短いのが特徴です。麻酔をかけてから施術を行うといっても目に近い部分で行う手術ですので、恐怖心が強いという人も短時間で済む瞼板法なら、安心して施術を受けられます。挙筋法は皮膚と眼瞼挙筋を縫う施術法で施術後、まぶたのツッパリ感や腫れといった症状が出にくいという特徴があります。瞼板法と挙筋法でも施術内容は異なりますが、さらに埋没法の場合は留める場所の数によっても、内容が異なるのが特徴的です。糸で固定する数が1ヶ所なら1点留め、2か所なら2点留めというふうに、留める糸の数で呼び方が異なるのです。まぶたが厚い人は固定する数が多ければ多いほど、しっかりと二重のラインがキープされるので4点留めが多く選ばれています。メスを使わない二重整形の埋没法は施術後、比較的腫れや痛みといった症状が出にくく、ダウンタイムが短いと言われています。ですがプチ整形であってもダウンタイムはゼロではなく、埋没法の場合も施術後に腫れや痛いが出てくる可能性があるため、その点は気を付けましょう。痛みはそれほど強くなく施術を受けたクリニックから処方された、痛み止めを服用すればコントロールできる程度です。ただ腫れは人によって強く出る危険性があるので、もし腫れた場合にはどのような対処をすれば良いのかチェックしておく必要があります。目元の腫れを早く落ち着かせるために効果的なケアはアイシングで、目元を冷やし血行をあえて悪くすることで、腫れを抑えます。アイシングの方法は簡単でビニール袋の中に氷を入れて、それをタオルでくるんだものを目元に当てるだけです。1回5分前後を目安にして1日最大5回程度、アイシングを行うと目元の腫れが落ち着きやすいと言われています。二重整形は目立つ目元に行う美容整形なので、施術後に腫れてしまうと目立ってしまうという不安がありますが、このような対処法を知っておけば安心です。