二重整形ですっぴんまで美人【メイクにかかる時間を短縮】

知っておくと安心

ボディ

気になるポイントを確認

いざ、二重整形を受ける日になったとき、クリニックに何を持って行けば良いのか事前に確認しておくと、施術当日に慌てずに済みます。二重整形の当日に持って行くものは各クリニックによって異なりますが、施術費用を支払うために現金やクレジットカードが必要です。クリニックによっては免許証などの身分証明証が必要となるケースがあるので、カウンセリング時に持参するものを聞いておくと安心です。また、二重整形を受ける人は帽子とサングラスは必須アイテムと言われているので、施術当日は忘れないようにしましょう。二重整形にはメスを使わないプチ整形や、皮膚を切開・縫合する施術がありますが、どちらの方法であっても施術後は目元が腫れてしまいます。目元の腫れを隠して帰宅するためだけでなく、紫外線によるダメージを施術部位に与えないためにも帽子やサングラスが必要です。施術後にクリニックから帰宅するまでの間にも注目して、準備を進めておくことが二重整形を受ける際には大切なことと言えます。美容外科クリニックで二重整形を受ける際、気になるクリニックが見つかったら、まずはカウンセリングの予約から行うようにしましょう。大半の美容外科クリニックはカウンセリング代は無料ですので、いくつかのクリニックでカウンセリングを受けてみて比較してみることをおすすめします。カウンセリングを受ける際は服装の決まりは特に無いものの、できるだけスッピンで受診するのが良いと言われています。メイク、特にアイメイクをしている状態だと目の形・骨格・まぶたの厚み・筋肉の動きなどを、医師が把握することが難しくなってしまうためです。二重整形はただ単に二重のラインを作るだけでなく、骨格や目の形などに合わせて患者1人1人に合ったラインを医師が提案してくれます。メイクをしてカウンセリングを受けてしまうと、医師が常態を把握するのが難しくなり、カウンセリングの妨げになってしまう可能性があるのです。カウンセリングはスッピンまたは、メイクルームが完備されておりカウンセリング前に、メイクをオフできる環境が整っているか確認しましょう。