二重整形ですっぴんまで美人【メイクにかかる時間を短縮】

美容整形で人気の施術

目元

目元の印象が大きく変わる

美容外科クリニックでは様々な美容整形が行われていますが、その中でも最も人気といって過言では無いのが二重整形です。二重整形がなぜ人気を集めているのかというと、目元の印象だけでなく顔全体の印象まで、ガラリと変えてしまうことができるためです。一重や奥二重のまぶたもクールな印象で素敵ですが、見る人によっては暗い印象を与えてしまうことがあります。また、西洋の文化が入り始めた明治以降、日本では目が大きいというのが美人の条件の1つとなっており、二重まぶたは美人の象徴にもなっています。二重のラインを作ることで目がパッチリと大きくなり目元だけでなく、顔全体が華やかな印象となり美人に見えるため人気を集めているのです。二重まぶたは美人の象徴以外にイケメンの象徴にもなっているので、近年は女性だけでなく男性も施術を受ける人が増えつつあります。また、アイプチなどメイクで二重のラインを作ることも可能ですが、メイクを落とすと元の一重・奥二重へと戻ってしまいます。スッピン時でも二重のラインをキープしたい、目元のメイクにかかる時間を短縮したいという人にも、二重整形は選ばれているようです。二重整形は大きく分けて皮膚を切らない施術、切る施術とに分かれているので、それぞれの施術の特徴を確認することをおすすめします。メスを使わず皮膚を切らない二重整形は埋没法という施術で、皮膚と瞼板や眼瞼挙筋といった組織や筋肉を、特殊な糸で縫いつけることで二重のラインを作るのが特徴です。プチ整形なので気軽に施術を受けられるということから、若い世代の人でもチャレンジする人が増えています。メスを使い切る二重整形には部分切開と全切開という2つの施術法があり、各施術によって施術内容が異なります。部分切開は文字通り、まぶたの皮膚を部分的に切開し縫合することで二重を形成する施術で、切開する大きさは1cmから2?程度です。全切開法はまぶたの端から端までを切ってラインを作るのが特徴で、西洋人のような平行二重にしたいという人に向いています。部分切開と全切開はまぶたの皮膚を切るだけでなく、余分な皮膚や脂肪、眼輪筋まで一緒に取り除くことができます。これらを除去することによって、まぶたがスッキリとなるので腫れぼったいまぶたの人でも、クッキリとした二重を作ることが可能です。

顔に触れる女性

埋没法の種類をチェック

メスを使わない二重整形の埋没法には固定する位置によって、瞼板法と挙筋法と2つの施術法が行われています。埋没法は比較的、施術後に腫れにくいと言われていますが、もし腫れてしまった場合はアイシングをしてケアしましょう。

詳しく見る

ボディ

知っておくと安心

二重整形のカウンセリングは骨格や目の形を医師が把握しやすいよう、スッピンで受けるのがおすすめです。施術当日は厳禁やクレジットカード、身分証明証を持参します。また施術後のことを考え、帽子・サングラスも持って行きましょう。

詳しく見る

診察

クリニック選びのポイント

二重整形を受ける際は医師の経験や知識が豊富か、患者に対して誠実に接してくれるかを確認しましょう。費用は埋没法で8万円、部分切開で20万円、全切開で25万円から30万円が相場です。静脈内鎮静法の麻酔をプラスした場合、2万から5万加算されます。

詳しく見る

女性

片方だけの施術も可能

片目だけ奥二重・一重まぶたという人は、二重整形を受けることで目だけでなく顔のバランスも整います。片目だけの施術を受ける場合は、すでに二重の目に合わせてラインを作る高い技術力が必要なので、クリニック選びをしっかり行いましょう。

詳しく見る

女医

知っておきたいポイント

まつ毛エクステをしている人が二重整形を受ける場合、衛生面や施術の邪魔にならないようする点で、外しておくのがマナーです。施術後はアイシングで目元を冷やす、喫煙・禁酒をする運動や長い入浴は避けるというアフターケアを行いましょう。

詳しく見る